最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログの輪!

月別アーカイブ

RSSフィード


しかけ動物図鑑
オススメ!
ニコニコ村の 「しかけ動物図鑑
クリックして遊んで、
音が出て、英語も勉強できちゃう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
ニコニコ村の存在を鼻から否定するようなタイトルですw

インターネットで運営する絵本、その形態が「動く絵本」であれ、「電子書籍」であれ
どんなにその絵本を子どもさんが気に入ってくれて、内容が強烈に素晴らしくても、
同じ絵本を毎日、しかも何年も見続けてくれる人はいません。

特に、絵本はその性質上
多くの作品の絵やお話にふれたほうが良いということもあります。


実際、多くの方が図書館でいろいろな絵本を借りてきて、
その中から気に入った一部の絵本だけを購入するというのが現在の主流です。

個人だと絵本を大量に制作するのは、実際不可能ですし、
しかし大量に制作しないと継続して閲覧してもらえません。


そこで、何かの組織に参加するか、絵本のポータルサイトに参加する必要がでてくるわけですが、
組織だって継続的に絵本を更新しているサイトの多くは有料です。

これは、有料で運営しなければ、継続的に絵本を公開する労力が得られないのだから当然であるといえます。


他の選択肢としては、
パブーのような電子書籍サイトのように、広く一般から公募し、
売るのも、無料で公開するのも自由とするものです。

この考え方には大きな可能性があります。


可能性はあるのですが、
インターネットは無料が基本です。


youtubeは無料であるからこそ、
多くの閲覧数があるのです。

有料にした途端、いくら更新頻度が高く、内容のレベルが高くても
多くの利用者は無料サイトに流れてしまいます。


絵本サイトであるなしに関係なく、webで公開するからには無料でないと流行らないということです。


ボランティアと言われようが、
よく問題視されている
「親の貧富の差が、子どもの学力にそのまま反映する」というような状況を何とかするためにも、
小さなことではありますが、
絵本も教育のひとつとして、可能な限り多くの方が利用できるよう無料で提供されるべきです。


つまり、ボランティアで作品を提供してくれる絵本作家が
共同で運営する絵本サイトというものが私の理想
となります。


続きはこちら
スポンサーサイト



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © ニコニコブログ all rights reserved.


グループサイト: 動く絵本ニコニコ村-楽しいweb絵本とゲーム-
間違い探し(まちがいさがし)ゲーム
ぬりえ大好き!ぬりえゲームとダウンロードぬりえ
Copyright © 2008 AtelierMimulus All rights reserved




内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
スマートフォンと言う携帯電話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。