最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログの輪!

月別アーカイブ

RSSフィード


しかけ動物図鑑
オススメ!
ニコニコ村の 「しかけ動物図鑑
クリックして遊んで、
音が出て、英語も勉強できちゃう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
絵本市場を襲う電子書籍化について前回お話しました。

今回はインターネットで見れるweb絵本についてです。

ニコニコ村では「動く絵本」と表現していますが、
「web絵本」、「インターネット絵本」など、その呼称については、まだ一般的なものはありません。

つまり、「web絵本」についてはまだまだ普及していないということが言えるでしょう。
事実、まだこういった絵本があるということは、ほとんど認知されていないようです。

このような状態であるにもかかわらず「電子書籍」の波がきます。
ipadで見れるような絵本アプリや、電子書籍、ニコニコ村のような動く絵本など
これらが、これからは
インターネットを介して、同じ市場で需要を取り合うことになりそうです。


インターネットでその存在を人に知らしめるのは、並大抵のことではありません。
SEOといわれる検索エンジンで上位表示するための技術は、そういったことが背景にあります。

ましてや、yahooが検索エンジンにgoogleを再度採用することが決まりましたので、
日本では、googleの検索はシェアの90%以上を占めるようになります。

つまりgoogleに認知されない絵本サイトというのは、
本屋や図書館においてもらっていない絵本と同じで、
この世に存在していないことと同じだということになります。

少なくとも、googleに認知されないサイトは、今後圧倒的に不利になります。


検索エンジンに認知されていても、「web絵本」、「インターネット絵本」、「動く絵本」など
その呼称が認知されていなければ、検索されるハズもなく、
多くの「動く絵本」のサイトはその活動をやめてしまいました。

市場参入者がいないので、認知が高まるはずもなく、ますます市場が廃れていきます。
それが、現在のインターネットの絵本の現状です。

次に続く
スポンサーサイト



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © ニコニコブログ all rights reserved.


グループサイト: 動く絵本ニコニコ村-楽しいweb絵本とゲーム-
間違い探し(まちがいさがし)ゲーム
ぬりえ大好き!ぬりえゲームとダウンロードぬりえ
Copyright © 2008 AtelierMimulus All rights reserved




内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
スマートフォンと言う携帯電話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。