最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログの輪!

月別アーカイブ

RSSフィード


しかけ動物図鑑
オススメ!
ニコニコ村の 「しかけ動物図鑑
クリックして遊んで、
音が出て、英語も勉強できちゃう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
これからシリーズもので、「まっちんの絵本考察」を書いていこうと思います。


ここ数日ほど、「絵本」関連の記事をネットで読みまくりました。

絵本が好きな人の意見や、絵本作家のブログなどなど。

そしてかねてから私が考えていたことや、改めて気付いたことなど
タイトル通り「まっちんの絵本考察」です。

独断と偏見の塊の記事ですw



さて、第一回目は「ベビーフードと幼児食」です。

ベビーフードというのは1歳未満の商品。
幼児食というのは1歳~4歳くらいまでの、名前通り幼児向けの商品です。


当然、売り上げはベビーフードよりも、幼児食が圧倒的に多いです。
一人当たりの食べる量も違えば、単純に人口も4倍ですから、当たり前ですね。

なぜこういう話をしたかというと、
絵本もこれと同じだと思っていたからです。


つまり乳児向けの絵本よりも、幼児向けの絵本、幼児向けの絵本よりも子ども向けの絵本、
子供向けの絵本よりも大人向けの絵本が、対象年齢の人口に比例して需要があると思っていました


ゆえに、ニコニコ村の絵本も対象を幼児~子ども向けとして意識して作成しています。
唯一の例外は「おはよう!」くらいです。



ところが絵本の売り上げを調べてみると、
日本で一番販売数が多いのは
「いないいないばあ」445万部
「ぐりとぐら」425万部
「はらぺこあおむし」311万部
と、幼児向けの絵本が独占すると思ったのですが、そうでもありません。

むしろ、子ども向けになってくると「マンガ」などに分散されてくるのだから
当然と言えるかもしれません。


ちなみに、シリーズだと
アンパンマンが5000万部らしいです。
スゲーです


話が少しそれましたが、絵本は その性質から
爆発力がないものの、長年読み続けられるので
結果的に人気作は かなりの売り上げ部数を誇るということになるようです。



今回の結論:絵本の主流は幼児以下の乳幼児中心

続きはこちら
スポンサーサイト



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © ニコニコブログ all rights reserved.


グループサイト: 動く絵本ニコニコ村-楽しいweb絵本とゲーム-
間違い探し(まちがいさがし)ゲーム
ぬりえ大好き!ぬりえゲームとダウンロードぬりえ
Copyright © 2008 AtelierMimulus All rights reserved




内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
スマートフォンと言う携帯電話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。