最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログの輪!

月別アーカイブ

RSSフィード


しかけ動物図鑑
オススメ!
ニコニコ村の 「しかけ動物図鑑
クリックして遊んで、
音が出て、英語も勉強できちゃう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
先日、主婦を対象としたアンケートを見ました。

絵本に関する項目もありました。


絵本についてどう思いますか?
もし絵本がこの世になかったら?
などいくつかの項目がありました。

中にはニコニコ村を作る上で参考になる意見もありました。
改めて考えさせられる意見もありました。

たとえば・・・

多くの方は絵本を「教材」として見ているということ。

のりもの

たとえば「電車」や「どうぶつ」などと題される絵本のように、
電車や動物、のりものなど、
形こそ絵本だけれど、内容は幼児向けの百科事典みたいになってるもの。

こういった絵本はオチもギャグも道徳的な意義もありませんが、
確かにこれも絵本です。

絵もなくて、写真しかなくても「絵本」として分類されますw

しかも、子どもによって、こういった類の絵本に異様に執着する子どももいます。


でも、多くの人が実生活で見れないものについては
絵本やテレビで覚えるのです。


道徳的なお話も、図鑑系のものも、子どもさんにとっては楽しい教科書であり、
そこには必要性があります


以上のようなことを含め、
多くの方が絵本は大切で必要なものと質問されれば答えます。


多くの人は絵本について「それは必要か?」と質問されれば
重要なもの」「大切なもの」「なくなってほしくないもの」と返事します。


小さな子供がいる人でなければ、絵本は日常で必要なものではありません

つまり絵本はとても大切なものだけど、普段は忘れ去っているものということが言えます。


これらを踏まえて絵本の需要を増やすには
教材的な要素を増やせば良さそうです。


なるほど、ニコニコ村の中で
日本地図パズル都道府県クイズが人気があるのもうなずけます。


私にとってニコニコ村の無料絵本はメインコンテンツだと思っていましたが、

需要は
教材>>>>>>>>>>絵本

だったというわけです。


その2へ続く
スポンサーサイト



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
ランキングクリック
お願いします^^



   このエントリーをはてなブックマークに追加   
コメント

おひさしぶりです。
これはわかりますね。うちでも図鑑は絵本より優先順位が高いです。図鑑なら順序関係なく好きなところを好きなだけ掘り下げられますし、字を読まなくても楽しめますので制約が少ないんです。絵本はまず世界観を理解させるところからはいらなきゃいけないんでステップが一段多いんですよ。絵柄が気に入らないと開いてすらくれないしね。

あと、こちらをごらんください。
http://www.nickjr.com/kids/
よくできてますよね。英語圏は分母がでかいので大きく商売できますね。こういったサイトはたくさんありますけど、すべて教育コンテンツとセットになってますよ。主に僕が英語の勉強のために利用してるんですけど、思わず金を払ってしまいそうだ。おそらく非英語圏からもアクセス稼いでると思う。他はこのへんかな。
http://www.britishcouncil.org/kids-stories.htm
完成度の面ではニコニコ村も負けてはいないので、大きく伸びる可能性はまだまだありそうですね。

こういったサイトを利用した印象としては海外製には対象年齢5歳程度のサイトがたくさんあるが、日本語では驚くほど少なくネットは10歳程度から始めるって感じです。おそらく漢字のハードルがあるからでしょうね。



お久しぶりです

yassさん、お久しぶりです^^

貴重なご意見ありがとうございます。

ニコニコ村でも、かつては英語圏進出を目論んだのですがw、完全に失敗でした。

英語に翻訳(私は友人の奥さんにお願いしてました)するハードルも高いのですが、
ご指摘のように海外サイトはFLASHの質のレベルもとても高いです。

私自身の実力不足をまざまざと感じさせられました(ノД`)


図鑑なら順序関係なく好きなところを好きなだけ掘り下げられますし、字を読まなくても楽しめますので制約が少ないんです。絵本はまず世界観を理解させるところからはいらなきゃいけないんでステップが一段多いんですよ。絵柄が気に入らないと開いてすらくれないしね。


貴重なご意見ありがとうございます。(*^ ^*)
こういったことは全然気づいていませんでした(;゜▽゜A``

図鑑系絵本は私が考えている以上に需要があるかもしれませんね。

これは大きなヒントをいただいたような気がします!
ありがとうございます(⌒▽⌒)

こんにちは。少しは参考になったようでよかったです。

>ご指摘のように海外サイトはFLASHの質のレベルもとても高いです。
私自身の実力不足をまざまざと感じさせられました(ノД`)

海外モノはトップクラスのレベルは飛びぬけてますが、本当にひどいのもありますよ。キャラクター物の公式サイトなのに目も当てられない品質のものが配置してあったりします。まぁそのキャラクターの日本語サイトに行くと動くコンテンツはなく、紙のチラシのような画像が一枚あるだけだったりするんですけどね。平均的なレベルで言えば日本のほうが高いし、ニコニコ村も水準に達してますよ。ただ、これは日ごろの愚痴になりますけど、日本のコンテンツは子供のことを考えて作っていないですね。容赦なく漢字が混じっていて字も豆粒みたいに小さい。字幕はすごいスピードで流れる。おまけにボタンなどが小さくて操作しづらい。せっかく力を入れて面白いものを作ってるのに、そういった配慮がないためにバリアになって利用を阻害してたりしてます。もったいないですね。そして、こういう条件をクリアできるサイトって意外と少ないのですが、ニコニコ村はそういった不満がほとんどなくて子供だけで遊べるんですね。ですから、品質については悲観なさらなくてもよろしいかと思いますよ。

それとサイト全体を英訳すると大変なので、海外の日本語学びたい人向けにも意識をしておく、みたいな感じならいいんじゃないかなぁと思いました。5歳程度が楽しめる国語系コンテンツで随所に日本らしい文化(アニメやケータイ、ファッション、忍者など)が登場するようなやつですね。これならjapanese learn for kidsくらいのキーワードを仕込むだけで勝手に来てくれる気がするのですよ。少なくとも僕はそういう経路で上記の英語サイトを探してきたので。もちろんこれは単なる思いつきなんですけどね。教材系をめざすなら、ここを充実すると2度おいしいかもしれませんね。

SEOの壁が高いんです(ノД`)

yasさん、こんにちは。

英語サイトで一番苦労するというか、ハードルが高いのはSEO(検索エンジンに上位表示させるテクニック)の壁がものすごく高いことも理由にあるんです。

特に英語文化圏はgoogleのシェアが高いこともあり、日本よりも更にSEOのハードルが高いんです。

具体的にお話すると、英語でニコニコ村を紹介してくれるような人が多いと検索エンジンでも上位に表示されやすくなるのですが、そのためには他のサイトよりも明らかにキラリと光るモノがあることが必要となってくるので、高いレベルや独創性が要求されるんです。


いずれにせよ、ニコニコ村は私一人で作っている零細作成なのでw、まずは先にご指摘いただいた図鑑系の絵本作成なども含め、スローペースでボリュームを増やしていきたいと思っています。

あーなるほど理解しました。
確かにそこはハードルありそう。
零細は気楽なものの何から何までじぶんでこなさないといかんので大変というかマイペースを維持するの難しいですよね。

一人だと偏るので・・・

一人で作っていると、自由に作れる反面、
独りよがりになってしまう部分や、見落としている部分がでてきてしまいます。

また何かお気づきの時はご指摘いただければ幸いです。

既に作成してしまったものを手直しするのは時間的な都合で厳しいですが、今後の方向性を修正することはできますので(*^ ^*)


とりあえず、今の最大の問題
「もう2年近く、新作絵本を作っていない」という問題を解決せねば・・・(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © ニコニコブログ all rights reserved.


グループサイト: 動く絵本ニコニコ村-楽しいweb絵本とゲーム-
間違い探し(まちがいさがし)ゲーム
ぬりえ大好き!ぬりえゲームとダウンロードぬりえ
Copyright © 2008 AtelierMimulus All rights reserved




内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
スマートフォンと言う携帯電話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。